HOME

随想の頁


2020

葉月
8.12
「楽興撰録」にフェインベルクのCD評追加。
8.9
ハウプトマン『沈鐘』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。先入観からか余りに象徴主義的作品だつたことに戸惑つた。「楽興撰録」にミュールのCD評追加。
8.6
「楽興撰録」にスメタナSQのCD評追加。
8.3
「楽興撰録」にジョナスのCD評追加。
文月
7.31
「楽興撰録」にシゲティのCD評追加。
7.28
「楽興撰録」にシュナイダーハンSQのCD評追加。
7.25
「楽興撰録」にラウテンバッハーのCD評追加。
7.22
「楽興撰録」にバリリSQのCD評追加。
7.18
「楽興撰録」にコチャルスキのCD評追加。
7.15
「楽興撰録」にムラヴィンスキーのCD評追加。
7.14
ストリンドベリ『罪また罪』『幽霊ソナタ』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。4ヶ月前に読了してゐたが、更新を怠りました。久々にストリンドベリ作品を集中的に読んだ。9作品もの書評を載せたサイトは多くないだらう。
7.12
「楽興撰録」にフェヴリエのCD評追加。
7.9
「楽興撰録」にトスカニーニのCD評追加。
7.6
「楽興撰録」にタリアフェロのCD評追加。
7.3
「楽興撰録」にハンガリーSQのCD評追加。
水無月
6.30
「楽興撰録」にコルトー/ペルルミュテールのCD評追加。
6.27
「楽興撰録」にピアティゴルスキーのCD評追加。
6.24
ストリンドベリ『令嬢ユリエ』『ダマスカスへ 第一部』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。3ヶ月半前に読了してゐたが、更新を怠りました。どちらも多作家であつたストリンドベリの様々な創作が堪能出来る代表作だ。「楽興撰録」にエネスクのCD評追加。
6.21
「楽興撰録」に「20世紀前半のフランスのオルガニスト」のCD評追加。
6.19
「楽興撰録」にオドノポゾフのCD評追加。
6.15
「楽興撰録」にシェルヘンのCD評追加。
6.12
「楽興撰録」にカルーゾのCD評追加。
6.9
「楽興撰録」にジャニスのCD評追加。
6.7
「楽興撰録」にウィーン・コンツェルトハウスSQのCD評追加。
6.3
「楽興撰録」にメイエのCD評追加。
皐月
5.30
「楽興撰録」にサージェントのCD評追加。
5.27
「楽興撰録」にクーレンカンプのCD評追加。
5.25
「楽興撰録」に「パリのモーツァルト」のCD評追加。
5.23
リョンロート『カレワラ』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。口承文学の金字塔だ。フィンランドの文化と民族を再定義し、独立への源泉となつた偉大な文学活動でもあつた。
5.22
「楽興撰録」にギレリスのCD評追加。
5.19
「楽興撰録」にシュナイダーハンのCD評追加。
5.15
「世界文学渉猟」にてウマル・ハイヤーム『ルバーイヤート』の寸評追加。約25年振りに再読した。「楽興撰録」にクライバーのCD評追加。
5.12
Salon de Socratesを立ち上げて16周年を迎へることが出来ました。非常に困難な世界情勢で、今年の目標に掲げた演奏旅行も中止となりました。その他の計画にも影響があり、だうにも捗々しくありません。今年も新規の頁は用意出来ませんでしたが、現在サイトのスマートフォン対応を行つてをり、文字を大きくし行間を空け、読み易くしてをります。文学の頁は「世界文学渉猟」も含め、全頁対応が完了しました。音楽の頁はディスコグラフィーの全ての頁を対応させました。残るは最も更新頻度が高くて頁が多い「楽興撰録」のみです。これは順次進めて参りますが、所持盤の入れ替はりもあるので、この機会に更新日時の記載を削り、内容も再編集します。今後ともSalon de Socratesを宜しくお願ひ致します。
5.10
「楽興撰録」にラフマニノフのCD評追加。
5.7
「楽興撰録」にフルトヴェングラーのCD評追加。
5.4
「楽興撰録」にマルケヴィッチのCD評追加。
5.1
「楽興撰録」にライナーのCD評追加。
卯月
4.28
「楽興撰録」に"Landmarks of Recorded Pianism Vol.2"のCD評追加。
4.25
「楽興撰録」にシューリヒトのCD評追加。
4.21
「楽興撰録」にカペルのCD評追加。
4.18
サアディー『薔薇園』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。中世ペルシアを代表する詩人の代表作。「楽興撰録」にフリッチャイのCD評追加。
4.15
「楽興撰録」にコチャルスキのCD評追加。
4.12
「楽興撰録」にフルトヴェングラーのCD評追加。
4.9
「楽興撰録」にギューデンのCD評追加。
4.5
「楽興撰録」にバリリSQのCD評追加。
4.2
「楽興撰録」にパレーのCD評追加。
弥生
3.30
「楽興撰録」にパッハマンのCD評追加。
3.28
タゴール『ギーターンジャリ』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。切なくなるほど美しい詩情で、敬虔な心持ちに誘はれる。インド文学の渉猟をこれにて終へる。
3.27
「楽興撰録」にコンヴィチュニーのCD評追加。
3.24
「楽興撰録」にムラヴィンスキーのCD評追加。
3.21
「楽興撰録」にフェヴリエのCD評追加。
3.19
「楽興撰録」にトスカニーニのCD評追加。
3.15
「楽興撰録」にアーベントロートのCD評追加。
3.12
「楽興撰録」にセルのCD評追加。
3.9
「楽興撰録」にフリードマンのCD評追加。
3.6
「世界文学渉猟」にてカーリダーサ『アビジュニャーナシャクンタラー』の寸評追加。サンスクリット劇の最高傑作とされる高名な作品。真作とされる戯曲全3作の寸評を載せることが出来た。「楽興撰録」にクレンペラーのCD評追加。
3.3
「楽興撰録」にクライバーのCD評追加。
3.1
「楽興撰録」にタリフのCD評追加。
如月
2.28
「楽興撰録」にジャニスのCD評追加。
2.25
「楽興撰録」にオドノポゾフのCD評追加。
2.23
「楽興撰録」にクーセヴィツキーのCD評追加。
2.21
「楽興撰録」にブッシュのCD評追加。
2.18
カーリダーサ『マーラヴィカーグニミトラ』と『ヴィクラモールヴァシーヤ』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。サンスクリット文学の最高峰とされるカーリダーサの劇作を読む。「楽興撰録」にナヴァラのCD評追加。
2.15
「楽興撰録」にデ=ヴィートのCD評追加。
2.12
「楽興撰録」にベームのCD評追加。
2.9
「楽興撰録」にカペルのCD評追加。
2.6
事後報告ですが、2月1日(土)と2日(日)に新宿区民オペラ公演にてプッチーニ「修道女アンジェリカ」と「ラ・ボエーム(抜粋)」の上演に第二ヴァイオリン主席として参加しました。我が最愛の「ラ・ボエーム」は云ふに及ばず、お初の「修道女アンジェリカ」に深い感銘を受けました。今回も素晴らしき仲間と最高の時間が過ごせました。「楽興撰録」にセルのCD評追加。
睦月
1.27
「楽興撰録」にミュンシュのCD評追加。
1.23
アシュヴァゴーシャ『ブッダチャリタ』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。仏伝の至宝とされる書物。「楽興撰録」に「ラ・ボエーム」のCD評追加。
1.20
「楽興撰録」にクラウスのCD評追加。
1.16
「楽興撰録」にクナッパーツブッシュのCD評追加。
1.13
「楽興撰録」にクライバーのCD評追加。
1.10
「楽興撰録」に「ラ・ボエーム」のCD評追加。
1.7
「楽興撰録」にピエルロのCD評追加。
1.5
「楽興撰録」に「修道女アンジェリカ」のCD評追加。
1.3
「楽興撰録」にフルトヴェングラーのCD評追加。
1.2
本年も何卒Salon de Socratesを宜しくお願ひ致します。本年の目標ですが、まず、オーストリア演奏旅行が控へてをりまして、無事成功が第一です。次いで油彩の完成と、毎度ですが執筆を進めること、とします。読書は大作に縛られず、ストリンドベリ、トーマス=マン、フォークナーの作品を手に取る計画実行を目標とします。


随想の頁 過去の記事はこちら

[ 2019 ]

[ 2018 ]

[ 2017 ]

[ 2016 ]

[ 2015 ]

[ 2014 ]

[ 2013 ]

[ 2012 ]

[ 2011 ]

[ 2010 ]

[ 2009 ]

[ 2008 ]

[ 2007 ]

[ 2006 ]

[ 2005 ]

[ 2004 ]


HOME