HOME

随想の頁


2018

長月
9
.24
「楽興撰録」にクーセヴィツキーのCD評追加。
9.22
「楽興撰録」にブリテンのCD評追加。
9.19
「楽興撰録」にクナッパーツブッシュのCD評追加。
9.16
「楽興撰録」にエネスクのCD評追加。
9.13
「楽興撰録」にイトゥルビのCD評追加。
9.11
「楽興撰録」にシューリヒトのCD評追加。
9.8
ウェルギリウス『アエネーイス』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。約2ヶ月前に読了してをりましたが、更新を怠つてをりました。ラテン文学の最高峰。それでもギリシア文学の模倣といふ感覚は否めない。
9.5
事後報告ですが、9月1日(土)と2日(日)に新宿区民オペラ第24回公演にてヴェルディ「ナブッコ」を原語で上演致しました。今回も第2ヴァイオリンの首席の責務を全うしました。これまで馴染みの薄い作品でしたが、惚れ込みました。若きヴェルディの直截的な熱情が溢れます。最高の仲間たちと今年も仕合はせな時間が作れました。「楽興撰録」にアーベントロートのCD評追加。
葉月
8.30
「楽興撰録」にヴィラ=ロボスのCD評追加。
8.24
「楽興撰録」にカラスのCD評追加。
8.21
「楽興撰録」にヨッフムのCD評追加。
8.18
「楽興撰録」に「ナブッコ」のCD評追加。
8.16
「楽興撰録」にエネスクのCD評追加。
8.12
「楽興撰録」にデ=ヴィートのCD評追加。
8.9
「楽興撰録」に「ナブッコ」のCD評追加。
8.6
「楽興撰録」にフルトヴェングラーのCD評追加。
8.3
「楽興撰録」にフリッチャイのCD評追加。
文月
7
.31
「楽興撰録」にカペルのCD評追加。
7.30
『平家物語』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。渉猟予定には組み込んでをりませんでしたが、魅惑され一気呵成に読了しました。四つ星献呈です。歴史に基づく軍記物語であり、独創性の点で『源氏物語』とは比べられませんが、現代に訴へ掛ける力を保持してゐる点にかけて、本邦の古典では『平家物語』が第一でありませう。
7.27
「楽興撰録」にクレンペラーのCD評追加。
7.24
「楽興撰録」にクナッパーツブッシュのCD評追加。
7.21
「楽興撰録」にカサドのCD評追加。
7.18
「楽興撰録」に「ナブッコ」のCD評追加。
7.15
「楽興撰録」にシューリヒトのCD評追加。
7.12
「楽興撰録」にメイエのCD評追加。
7.9
「楽興撰録」にアンセルメのCD評追加。
7.6
「楽興撰録」にゼッダのCD評追加。
7.3
「楽興撰録」に「モーツァルトの稀少録音集」のCD評追加。
水無月
6.30
「楽興撰録」にサペルニコフのCD評追加。
6.27
「楽興撰録」にルフェビュールのCD評追加。
6.25
事後報告ですが、6月24日(日)に弥生室内管弦楽団第49回演奏会がございました。やうやくモーツァルトの交響曲第40番を演奏する機会を持てました。取り組む時間を割いた積りで、色々と得るものが多かつたと思ひます。一方で個人的にはロッシーニ「チェネレントラ」序曲に一番思ひ入れがあつたことを告白しませう。『平治物語』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。4ヶ月も前に読了してをりましたが、更新を怠つてをりました。その間、一気に『平家物語』まで読了して仕舞ひました。
6.21
「楽興撰録」にクラウスのCD評追加。
6.18
「楽興撰録」にブリテンのCD評追加。
6.15
「楽興撰録」にムラヴィンスキーのCD評追加。
6.12
「楽興撰録」に「ラ・チェネレントラ」のCD評追加。
6.9
「楽興撰録」にクーセヴィツキーのCD評追加。
6.6
「楽興撰録」にクナッパーツブッシュのCD評追加。
6.3
「楽興撰録」にヴァルターのCD評追加。
皐月
5.31
「楽興撰録」にライナーのCD評追加。
5.28
「楽興撰録」にフィッシャー・トリオのCD評追加。
5.26
『保元物語』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。3ヶ月も前に読了してをりましたが、更新を怠つてをりました。実はこの『保元物語』が余りにも面白くて、予定にはなかつたが『平家物語』まで読み進めてをりました。 源為朝の圧倒的な存在感。四つ星献上です。
5.25
「楽興撰録」にアーベントロートのCD評追加。
5.22
「楽興撰録」にデ=グレーフのCD評追加。
5.19
「楽興撰録」にセルのCD評追加。
5.16
「楽興撰録」にヨッフムのCD評追加。
5.14
「楽興撰録」にモントゥーのCD評追加。
5.12
Salon de Socratesを立ち上げて14周年を迎へることが出来ました。今年も新規の頁はご用意出来ませんでしたが、今後ともSalon de Socratesを末長く宜しくお願ひ致します。「楽興撰録」に"Landmarks of Recorded Pianism"のCD評追加。
5.9
「楽興撰録」にアーベントロートのCD評追加。
5.6
「楽興撰録」にクーセヴィツキーのCD評追加。
5.3
「楽興撰録」にヨッフムのCD評追加。
卯月
4.30
「楽興撰録」にキロガのCD評追加。
4.27
「楽興撰録」にカンテッリのCD評追加。
4.24
「楽興撰録」にケッケルトSQのCD評追加。
4.21
「楽興撰録」にクーセヴィツキーのCD評追加。
4.18
「楽興撰録」にヴァルターのCD評追加。
4.15
「楽興撰録」にエネスクのCD評追加。
4.12
幸田露伴『天うつ浪』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。2ヶ月前に読了してをりましたが、更新を怠つてをりました。面白くなつてきた矢先に中絶された異色作。青春文学は矢張り露伴の本道ではなかつた。「楽興撰録」にマルケヴィッチのCD評追加。
4.9
「楽興撰録」にフェインベルクのCD評追加。
4.6
「楽興撰録」にドラティのCD評追加。
4.3
「楽興撰録」にヴィラ=ロボスのCD評追加。
弥生
3.29
「楽興撰録」にアーベントロートのCD評追加。
3.27
幸田露伴『運命』『暴風裏花』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。2ヶ月以上前に読了してをりましたが、更新を怠つてをりました。どちらも明時代の歴史小説で、文学作品の骨頂である。「楽興撰録」にケンペのCD評追加。
3.24
「楽興撰録」にニレジハージのCD評追加。
3.21
「楽興撰録」にマイナルディのCD評追加。
3.18
「楽興撰録」にブリテンのCD評追加。
3.15
「楽興撰録」にサージェントのCD評追加。
3.12
「楽興撰録」にメンゲルベルクのCD評追加。
3.9
「楽興撰録」にオドノポゾフのCD評追加。
3.3
「楽興撰録」にムラヴィンスキーのCD評追加。
如月
2.28
「楽興撰録」にヨッフムのCD評追加。
2.25
「楽興撰録」にバレルのCD評追加。
2.24
「世界文学渉猟」にて菊池寛『恩を返す話』『忠直卿行状記』『恩讐の彼方に』『藤十郎の恋』『ある恋の話』『形』『極楽』『蘭学事始』『入れ札』『俊寛』の寸評追加。先般、戯曲を渉猟したので再読。名作揃ひだ。
2.22
「楽興撰録」にシュトラウスのCD評追加。
2.18
「楽興撰録」にスペルヴィアのCD評追加。
2.15
「楽興撰録」にレイボヴィッツのCD評追加。
2.12
「楽興撰録」にアンチェルのCD評追加。
2.9
「楽興撰録」にヴェッチェイのCD評追加。
2.6
「楽興撰録」にブーランジェのCD評追加。
2.3
「楽興撰録」にテイトのCD評追加。
睦月
1.31
「楽興撰録」にアーベントロートのCD評追加。
1.30
菊池寛『屋上の狂人』『奇蹟』『父帰る』『藤十郎の恋』『敵討以上』『時勢は移る』『岩見重太郎』『玄宗の心持』『袈裟の良人』『小野小町』『時の氏神』『入れ札』を読了し、「世界文学渉猟」に寸評追加。自身の小説を戯曲化する手口で深みを見せる。「楽興撰録」にセゴビアのCD評追加。
1.25
「楽興撰録」にトスカニーニのCD評追加。
1.22
事後報告ですが、1月20日(土)と21日(日)に新宿区民オペラ公演にてレハール「メリー・ウィドウ」の上演に第二ヴァイオリン主席として参加しました。名曲です。幸福な時間。今年も最高に楽しい公演でありました。皆様に感謝です。「楽興撰録」にルフェビュールのCD評追加。
1.13
「楽興撰録」に「メリー・ウィドウ」のCD評追加。
1.10
「楽興撰録」にフックスのCD評追加。
1.8
「楽興撰録」にランドフスカのCD評追加。
1.4
「楽興撰録」にフルトヴェングラーのCD評追加。
1.3
本年も何卒Salon de Socratesを宜しくお願ひ致します。本年の目標は達成可能なものを優先的に述べませう。デュマ『モンテ=クリスト伯』を読破すること、油彩を1つ仕上げること、そして毎年未達成ですが、執筆を進めること、とします。


随想の頁 過去の記事はこちら

[ 2017 ]

[ 2016 ]

[ 2015 ]

[ 2014 ]

[ 2013 ]

[ 2012 ]

[ 2011 ]

[ 2010 ]

[ 2009 ]

[ 2008 ]

[ 2007 ]

[ 2006 ]

[ 2005 ]

[ 2004 ]

HOME