コルネイユ

(Pierre Corneille、1606〜84)

 ルーアン生まれ。イエズス会の教育を受けた後、法律を学ぶが、1629年に上演された喜劇『メリット』の成功で劇作家として登場。演劇を奨励するリシュリューの文化政策とも合致し、コルネイユは数々の喜劇・悲喜劇作品を発表して名声を確立した。1637年上演の悲喜劇『ル=シッド』は空前の当たりをとつた一方で、成功を妬む輩により「ル=シッド論争」―真実らしさがなく、古典的規則からの逸脱もあり、題材も反道徳的で受け入れ難いといふ非難―が引き起こされた。これに応へたコルネイユは次々と心理悲劇の傑作を発表し―三大悲劇『オラース』『シンナ』『ポリュークト』―、悲劇作家コルネイユの黄金時代を築いた。常に新しい手法に挑戦し続けたが、フロンドの乱以降は時代の好みが変化して次第に凋落し、好敵手ラシーヌに株を奪はれて行き、晩年は困窮するやうになつた。


『幻影喜劇』 "L'ILLUSION COMIQUE"

 作品全体が劇中劇といふ類例のないバロック劇の傑作。巧妙な詭計が仕組まれてをり、読了時に解明されると共に、新たな謎を生む。第二の劇中劇が全て創り話なら、第一の劇中劇の信憑性が危ふい。仮に第一の劇中劇も全て虚構なら、劇を眺める父親の真実性も危ふい。作品全体が魔術に掛けらてをり、多義的な解釈が可能である。当時の理解度を越えてゐたであらう前衛的な作品。読んだ印象で、直訳に近い作品名が相応しいと考へた。[☆☆☆]

『ル=シッド』 "LE CID"

 コルネイユ随一の傑作に違ひない。相思相愛で結婚目前であつたロドリーグとシメーヌだつたが、父親同士の諍ひでロドリーグは武勇名高いシメーヌの父親と決闘をする羽目になるといふ絶体絶命の展開。父の命を奪はれたシメーヌは復讐と愛の狭間で地獄の苦しみにもがく。この解決不可能な事態に如何なる決着があるのか、誰しもが固唾を飲むだらう。コルネイユはその都度不安に陥れながら恋人らの愛を高めていく。見事な緊張感を持続しつつ、最後は王のお裁きによる大団円。感情を揺さぶるやうな浪漫的なうねりが押し寄せる名作で、観客から喝采を浴びたのも頷ける。御託はゐらない。[☆☆☆☆]

「ル=シッド論争」

 大当たりした上演に対して、嫉妬による批判が相次いだ。スキュデリによる批判では主に心理の葛藤に真実らしさを見出せない、アリストテレスの規則に違反してゐることを攻撃された。過激さを増すにつれ、遂にアカデミー・フランセーズが事態収束に介入した。公正な分析がされ、そもそも題材選び、主題が良くない、規則違反がある、しかし、魅力があり名声は否定出来ないと取り成してゐる。コルネイユは一時筆を折るが、観客の反応を拠り所にした絶対的な自信を持つてゐた。そもそも『ル=シッド』は悲喜劇と銘打たれてをり、古典的悲劇に当て嵌めての批判は根底から的外れなのだ。だが、この「ル=シッド論争」は批評精神を育み、演劇の進歩に大いに貢献し、フランス古典劇の黄金期の礎となつたことを看過してはならない。

『嘘つき男』 "LE MENTEUR"

 感心する程嘘をつく男で、劇の巧妙さもあつて痛快な作品である。嘘と云つても精緻さに欠け、辻褄合はせもないので、嘘つき男と云ふよりは壮大な妄想男。結末はドン=ジュアン宜しく地獄落ちを期待したが、大団円なので一寸物足らない。もうひとつの難点は嘘つき男に口説かれるお嬢様方の心理が軽薄で生硬な点。[☆☆]


戻る