HOME

リンクの頁


文学関係 | 音楽関係 | その他

文学関係

ISIS立紙篇―松岡正剛の千夜千冊
4年5ヶ月の歳月をかけて完結した千冊の書評。ひとつひとつが読み応へがあり、全てを見るだけでも一大事だ。古今東西の名著や、芸能・芸術に関する書物まで、膨大な知の航海が味はへる。万人に薦めたいサイト。

世界文学サイト&書評サイト

文庫本大好き―岩波文庫コレクション Webmaster 富田様
文庫本の話題が満載のblog。わけても岩波文庫に関する情報量は凄まじく、岩波文庫の全てがわかると云つても過言ではない。

信兵衛の読書手帖 Webmaster 信兵衛様
書評サイトの老舗とも云へるもので、膨大な読書記録には圧倒される。読書傾向は幅広く器が大きい。海外作品も近代・現代を中心に充実してをり、名作渉猟のよき道案内となるだらう。

katabami.org Webmaster 賓客 加来様
純文学の傑作を渉猟されてをり、書評には啓発されるところが多い。デザインも清楚で美しく見事だ。残念ながら、現在は書評のコンテンツがない。

るりの古本屋で100円読書 Webmaster 賓客 るり4241様
心優しい主婦の日々雑感を交へて、世界文学の名作をアンチ・インテリを掲げて気軽に紹介するblog。つまらないものはバッサリ断じるのが痛快。書評も思ひ入れの強い魅力的なものばかり。

scrapbook Webmaster 賓客 syo-hyo様
世界文学の名作を中心に扱ひ、作品の持つ歴史的な意義と今日的な意味に着眼した質の高い書評を読むことが出来るblog。深い教養に裏付けされた簡潔な文章も素晴らしい。

私のおすすめ文学 Webmaster 賓客 管理人様
文学の案内書を中心に膨大な作品を指南してくれるサイト。書評こそないものの、古今東西の名作が一覧出来るところが圧巻だ。児童文学の項目が特に充実してゐる。

冥王宮-pluto- Webmaster 賓客 なおこ様
日々の一冊と題して世界文学の充実した書評を連日更新する手腕には圧倒させられる。古今東西の名作を分け隔てなく渉猟されてをり、正鵠を得た書評は理想的なものだ。

WE INSIST! Webmaster 安本奇譚様
創作藝術に携はる人間の視点で現代人の向ふべき道を提起するサイト。反米・反情報氾濫社会への表明に主幹は溜飲を下げた。哲学的小説は深い内面探求と痛切な詩情に溢れてゐる。私的文学10選に主幹は大いに共鳴した。

知ってるようで意外と知らないあの名作「一分でわかる!あらすじ図書館」 Webmaster 賓客 管理人様
日本近代文学の名作と云はれる文学作品のあらすじを紹介してをり、渉猟の指南となるサイトである。重要な作品が取り上げられてをり、これらから文学の深遠に踏み入れるとよい。

Ciel Bleu Webmaster 藤森四季様
膨大な量の書評に圧倒されるblog。旧サイトはJardin Soleilで10年以上前から蓄積された膨大な書評を堪能出来る。古今東西の名作を隔てなく渉猟してをり、敬服させられる。本好きの愛が伝はつてくる温和な文章も心地良い。

書評あれこれ〜 Webmaster 賓客 タケゾウ様
普遍性のある世界文学名著の書評と読んだ本から見つけた名文を紹介するblog。幅広い渉猟は古今東西多岐に亘つてをり、あらすじだけでなく作品の含有する主題を読み取る慧眼に充ちてゐる。

出版社

岩波書店
世界文学を読むなら他を差し置いて岩波文庫の名を挙げねばなるまい。

筑摩書房
ちくま文庫・ちくま学芸文庫には網羅的な全集企画があり、文学が衰退してゐる時勢にあつて偉業と云へよう。

新潮社
かつては豊富に世界文学作品を提供してゐた新潮文庫であるが、近年は傾向を異にしてきてゐる。

その他

青空文庫
インターネットの電子図書館。著作権切れの作品を中心に、誰もが自由に名作を読むことが出来る。有難いことです。

言葉 言葉 言葉 Webmaster 賓客 野嵜様
國語國事問題と日本語の表記について論ずるサイト。正字正かなへの真剣な取り組みには頭が下がる。多分に毒を含むサイトだが、精読することにより真価が伝はる。

文語の苑 Webmaster 井上様
現代の世に高邁なる精神をもつて文語を復興せしめようと活動を展開する會。これを見るに主幹の文章は誤謬だらけの似非日本語であることを痛感する。指南塾もあり、大いに参考になる。


音楽関係

Huberman.info Webmaster Patrick Harris様
英語によるサイトだが、フーベルマンに関することなら天下無双にして完全無欠なものである。何よりもフーベルマンへの並々ならぬ愛情が感じられる。瞠目すべきは、未発表録音であるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第6番第2楽章をDownloadして聴くことが出来ることだ。愛好家必見。

メニューイン&ミルシテインのページ Webmaster 賓客 T様
メニューイン、ミルシテイン、樫本大進を中心にヴァイオリニストの名盤が多数紹介されてをり、ヴァイオリン愛好家は必見である。特に完璧なディスコグラフィーを持つメニューインの頁が充実してをり、名奏者の真価を教へてくれる。

CD評サイト&ディスコグラフィーサイト

斉諧生音盤志 Webmaster 斉諧生様
驚愕すべき蒐集道を日夜続けてをり、その記録である音盤日録は遠大である。パレー、アンゲルブレシュトのディスコグラフィーは世界に誇るもので、ペレーニのコレクターとしてレコード芸術にも紹介された人気サイト。『史記』に倣つた語り口が風雅。

Classical CD Information & Reviews Webmaster 加藤様
簡潔で清楚な文章で綴られる新譜情報やCD評は、実に的確で参考になる。これだけ質・量が充実し、見識あるサイトは滅多にない。アルゲリッチのディスコグラフィーがある。

Kenichi Yamagishi's Web Site Webmaster 山岸様
コンテンツは幅広さと奥深さを兼ね備へてをり、クラシックの素人でも玄人でも啓発されるところが大きい。フルトヴェングラーを始め、ヒストリカルへの比重が大きいのが主幹にとつては嬉しい。本の情報量も凄い。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー資料室 Webmaster shin-p様
フルトヴェングラーに関する草分け的なサイト。膨大の情報量と、熱心な研究姿勢には頭が下がる。世紀の巨匠を愛顧するファンにとつて規範となるサイトであり続けるであらう。

朝な夕なに Webmaster ベルナール様
大指揮者メンゲルベルクに関するコーナーが充実したサイト。解説は読み易く、情報量も充実してゐる。その他、過去の指揮者のCD評が多くあり、ヒストリカル・ファンは必見。

キリル・コンドラシン・ディスコグラフィー Webmaster 賓客 おがわ様
充実したディスコグラフィーを中心に苦難の時代を生きたソヴィエトの名指揮者コンドラシンの全てに迫るサイト。バービ・ヤールの写真やロシア文学の頁などもあり、学術的にも価値の高いサイトである。

フルトヴェングラー鑑賞記 Webmaster orooro様
巨匠の録音を丁寧に聴き込んでをり、各レーベルの復刻状態まで言及が及んでゐる。特に 「ウラニアの英雄」研究が秀逸。フルトヴェングラーのディスクを求める際の指標となるサイト。  

浪漫亭随想録 Webmaster 賓客 tenten_family6様
主に20世紀前半に活躍した演奏家の名演を掘り起こし、現代に伝へるblog。主幹と好みを同じくする演奏家評が満載で、正かなを用ゐた文章にも共感した。記事には思ひ入れがあり、蒐集意欲を誘ふものばかりだ。

玉聽茶話 Webmaster 賓客 真様
蒐集したSPを紹介するblog。レーベル面を見てゐるだけでも嘆息して仕舞ふ。戦前の日本のSPの記事が多いが、名ヴァイオリニストのSPも充実してゐるのが嬉しい。

ピアノ音楽名盤選 Webmaster pianophilia様
古今東西の名ピアニストの名盤を綴るblog。一大名鑑を成す様は圧巻だ。ピアノ奏者の視点から様々な切り口で展開される記事は正鵠を得てをり、ピアノ音楽に関心のある方は必見だ。

クラシック音楽ぶった斬り Webmaster 賓客 和田様
クラシック音楽評論家が云へない真実を語るblog。演奏家に焦点を当て、名盤の数々を紹介して呉れる。取り上げる演奏家が多岐にわたつてをり、鑑賞の幅が広がること請け合ひだ。

フルトヴェングラー鑑賞室 Webmaster 賓客 和田様
20世紀を代表する名指揮者フルトヴェングラーの真髄に鋭く迫るサイト。残された録音の比較に終止するサイトが多い中、巨匠の活動全般に触れてゐるのが嬉しい。

音楽画プロジェクト Webmaster 賓客 Kayoko様
ブルーノ・レオナルド・ゲルバーに師事したピアニストによる創作活動の情報発信をするサイト 。これまでの音楽活動から得た深い洞察に充ちており、ピアノ学習者には役立つだらう。

マルセル・モイーズ研究室 Webmaster Sonore様
フランスの偉大なるフルーティスト、マルセル・モイーズに関するサイトで、本邦で発売されたモイーズのCDの音源を幾つも提供もされてゐる。ソリストとしては勿論、オーケストラ奏者としての録音も微細に調査されてをり、世界一優れたモイーズのサイトだ。

ヒストリカル・レーベル特集

Appian Publications & Recordings
英APRは往年のピアニストの復刻を行ふレーベルである。SP期のピアノ録音はレンジの狭さなど物理的な難があるため、復刻も難しいのだが、APRのリマスタリングは聴きやすく不自然さもない。復刻されてゐるアーティストもピアノ愛好家には垂涎の的である。小規模なレーベルでリリースも多くなく、残念なことに近年廃盤が見られ始めたやうだ。

Arbiter
米アービターは放送局の音源を発掘したり、蒐集家が所有する稀少盤の板起こしを行つてゐる。リリースは少ないが、初出音源を常に提供し続ける姿勢には敬服する。シャリアピンのエディションは帝政ロシア時代の録音を殆ど復刻した驚愕すべき企画で、続編が待たれる。

Dutton Laboratories
英ダットンはリマスタリングをマイケル・ダットンが手掛け、往年の名盤を廉価で復刻してゐるが、稀少価値のあるものも含まれてをり、重要な復刻レーベルだ。しかし、最大の目玉は英バルビローリ協会と提携したエディションで、モノーラル期の旧録音などバルビローリの真価を知る上で不可欠な録音を多く提供してくれてゐる。

Guild Historical
ギルド・ヒストリカルは、当初ナクソスが行つていたMETのライヴやトスカニーニ・コンサート・エディションを受け継いだレーベルである。リリースにはこだわりが見られて好感が持てる。

Marston
米マーストンは、名復刻技術者マーストンが自ら設立したレーベル。他のレーベルでは出せないやうなマニアックなリリースを地道に行ふ。特に歌手とピアノの復刻が盛んで、伝説的なアーティストが名を連ねてをり、その価値は復刻レーベル内随一である。ジャケットの美しさも特筆すべきもので、法外に高価なのだが蒐集したくなる。

Music & Arts
米ミュージック・アンド・アーツといへば、かつては音質の悪い海賊盤レーベルと認知されてゐたが、近年優秀なリマスタリングを行ひ、放送局からの蔵出し音源の発掘など目覚ましい活動がある。豊富な音源を有する老舗なので、これからも商品価値の高いリリースを期待したい。

Naxos Historical
ナクソス・ヒストリカルは、廉価レーベルとしてクラシックCD業界に旋風を巻き起こしたナクソスのSP復刻部門。リマスタリングはマーストン、オバート=ソーンを得て、申し分ない仕上がりとなつてゐる。アーティストの録音全集などの体系的な復刻も行はれてをり、最早復刻レーベルの覇者と云つてもよい。

Preiser Records
墺プライザーは復刻レーベルの老舗であり、音質も上等である。特に往年の歌手の復刻量に関しては他の追随を許さず、カタログはレコードに残る歌手の名鑑を眺めるやうで壮観である。その他、ウィーン縁のアーティストに強みを持つてゐる。

Symposium
英シンポジウムは蒐集家の状態の良いSP盤を使用し優良な復刻を行ふレーベルである。他のレーベルから復刻がない貴重盤も多く重宝する。企画も優れてをり名盤の宝庫と云へるが入手が困難なのが玉に瑕だ。

Tahra
仏ターラは主に放送局が所蔵する音源を発掘し、これまでディスコグラフィーになかつたものも次々と発売してゐるレーベルで、ファンならその動向に目が離せない。特にフルトヴェングラーのライヴ録音は主軸をなす重要なものだ。擬似ステレオ効果を感じさせる独自のリマスタリングも良好で、音に潤ひと覇気がある。廃盤多数なのが珠に瑕。

Testament
復刻レーベルの雄である英テスタメント。EMIよりライセンスを得てオリジナル音源から復刻を行ふので、音質が特上である。リマスタリングは秀逸ポール・ベイリーが担当。本家EMIが手を付けない玄人好みのリリースで株を上げ、今やDeccaやRCAからもライセンスを獲得し、メジャーレーベルを凌ぐ勢ひである。廃盤をつくらない方針は偉とすべき。

その他

HMV.co.jp
日本最大のクラシックCDオンラインショップ。新譜情報をチェックするのにも重宝する。

CDショップ・カデンツァ
クラシックCDの通信販売専門店。マイナーレーベルの新譜情報を丁寧に拾つてゐるのが有難い。注文には懇切丁寧に対応してくれるので嬉しい。非会員でも注文が出来るのがよい。会員には会報が発行される。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」 Webmaster 賓客 株式会社サイバーメディア様
英仏のレコードコレクターより直接買付を行なつてをり、現在12万枚程の在庫があるといふインターネット通販サイト最大手。非常に貴重な初期盤を多く扱つてをり壮観だ。

弥生室内管弦楽団
主幹が所属する表現主義的アマチュア・オーケストラで、主幹はヴァイオリン・パートの末席に連なつてをります。小編成で古典派作品を中心に演奏活動を展開してをり、現在はシューベルト交響曲ツィクルスに挑んでゐます。

エウテルペ楽奏団
主幹が所属するアマチュア・オーケストラで、主幹はヴァイオリン・パートの末席に連なつてをります。小編成で古典派作品を中心に演奏活動を展開してをります。


その他

うさねこ研究室! Webmaster 賓客 N.W様
日常の所感から深い哲学を展開し、緻密で周到な論文で読む者を圧倒するBlog。長文の為精読するのは骨が折れるかも知れぬが、幅広い読書を礎にした思想の豊かさには頭が下がる。

WEB美術館 Webmaster Summy様
館長と学芸員へんりーがおくるウェブならでは架空の美術館。楽しい解説と共に世界の代表的な絵画を展覧会形式で観ることが出来る。クラシック音楽にも明るく、LPジャケットギャラリーはファン必見。

Arts of Dorian Webmaster ドリアン様
西洋絵画史を俯瞰できる優良サイト。代表的な傑作絵画が一堂に会した美術館のやうで、絵画史の学習にも最適だ。神話や聖書に題をとつた作品などテーマ別コーナーもある。

「美の巨人たち」ホームページ
テレビ東京土曜22:00〜22:30枠で放映される番組のホームページ。テレビを殆ど観ない主幹が例外的に欠かさず楽しみにしてゐる番組。画家の生涯を鍵になる作品を軸に紹介する。芸術とは人であり、芸術家そのものが作品を形作る。この番組を観てゐるとさう思はずにはゐられない。

ルーヴル美術館オフィシャル・サイト
美の殿堂ルーヴルの公式ホームページだが、驚くことに日本語に対応してゐる。 美術愛好家必見。


その他、ご感想・ご意見、お気付きの点ございましたらこちらまでご連絡下さい。